自分軸コンサル★セクシャルマイノリティのお話!本当の自分と自由な子育てとは?

本日も自分軸コンサルのお話です!!

 

 

今回のコンサル内容では!!

 

実は今回、謎解きをして行くと、、

本人も知らなかった!!

 

びっくりな事実が発覚しましたよ〜!!^^

 

 

自分らしく在ること。

それを受け入れて行くとこんな事実に出会うのですね!!

 

新しい自分発見のお話です!

 

 

 

本日のブログは、、、

  1. 現在のお悩み
  2. 幼少期の記憶、インナーチャイルドを癒す
  3. 幼少期の不満が自分の子育てに影響するお話
  4. 自分の「好き」がわからない
  5. 受け止めて欲しかったのは本当の自分の性質
  6. セクシャリティの定義、現代の性別と考え方の種類
  7. 自分の性質に名前がつけは自己認識できる
  8. 心に蓋をしていた「感じない心」を解放する
  9. 自分をゼロにしていたら、相手もゼロにできる
  10. コンサルの感想
  11. 後日談
  12. あとがき
  13. AYAが今、新しく考えていること!

 

です。

 

本日も長いですね(笑)

 

早速見ていきましょう!!

 

ご相談者は、、

PN  ハルさん 32歳。

 

 

これまで自分で解決したいと、色々な方法を試したそうなのですが、、。

 

モヤモヤから抜け出すことはできず、苦しい思いを抱えつつも、

その思いにフタをし続けていたようです。

 

 

現在のお悩みはとは?

 

・インナーチャイルド

 

・腰と肩が痛い(疲れが取れない)

 

・子供の悩み(発達障害、ADHD、2次障害、転校、地域の友好関係)

 

 

 

実はインナーチャイルドについて、自分でも勉強や

ヒーリング体験をしに行ったことがあったらしく

幼少期の記憶が自分で引っかかっているという認識があったようです。

 

 

しかし、その時に全てをスッキリ解決できたわけではなく、、。

あと一歩のところでモヤモヤが残っていたそう。

 

もっとしっかり向き合って解消したい!

と思えたとのことで、こうして自分と向き合うコンサルの受講を決意されたようです。

 

その長年のフタを開けてスッキリしたい!!!との事でした。

 

・今回はその幼少期の部分を癒すこと。

 

・体の痛みと、精神的な疲れを取り除くこと。

(精神の疲れによって、体も改善しにくくなっています)

 

・子供に関する悩みを紐解いて行くこと。

 

これらは全て繋がっている事なので

 

幼少期に決着がつけば、、

➡︎ 子供のこと(子育て)が理解できる。

➡︎体と心の痛みが緩和する。

 

という流れです。

 

 

テーマが決まったところで、まず初めに出てきたのは幼少期のこと。

 

 

「お母さんに見て欲しい、話を聞いて欲しい。」と思っていた事。

「大丈夫と言って欲しかった」という気持ちが溢れてきました。

 

 

現在、3人のお子さんがいるハルさん。

なぜ、幼少期の記憶が引っかかるだろうのか?

という質問では、、

 

 

「子育てをしながら自分の小さかったことを思い出し、こうされたかった

という思いを分かりつつも、

 

その解決方法を知らなくてモヤモヤしている。」

 

 

 

「自分にフタをして生きている。」

 

 

ということが出てきました。

 

そのフタを開けてスッキリしたい!!

というのが今回の受講のキッカケだったので

 

そのフタをしていた内容と、そうしてしまった自分の思いへ触れていきます。

 

 

実はこれ、自分で子育てをしている方がよく出てくるお悩みの1つなんですよ。

 

インナーチャイルドでも必ずでてくるポイント。

⬇︎

「自分が子育てをしていくと、幼少期に親にして欲しかったことが溢れてくる」

 

「自分は愛してもらえなかった、して欲しかったことがあったのに言えなかった」

 

「自分がして欲しかったことを子供にしてあげると、なぜか子供に対して苛立つ」

 

などです。

 

 

してもらいたかったことをやってもらえている子供とは裏腹に、

それをしてあげている自分にも苛立ち、

自分の親に対しても、怒りや恨みの気持ちが募ってしまう。

 

 

そして自分は、してもらいたいことがずっとできなかった自分の過去を恨めしく思うのです。

 

だから子育てが分からなくなったり、自信喪失してしまったり。

 

とにかく自分にも、子育てにも自信のない状態が続いてしまうのです。

 

そうすると、実は現状で様々なことが起こるんですよ。

 

 

母親がありのままでいいと気づかせるために、

子供が皮膚炎になったり、ADHD、心の病、行動がおかしくなったりするんです。

 

それは、子供のためにやりすぎてしまうお母さんがいるから。

 

要は自分を差し置いて子供のことをひたすら頑張ってしまう母親のため、

子供はあえて自分の身を使って、

「もっと自分のことを考えて!」と母親に全身で訴えているのです。

 

実は母親のために、あえてやっていることなんです。

 

子供は自分でそれを選んで生まれてきているので、

子供の人生にお母さんが多大な責任を取ろうと頑張りすぎてしまうと、、

全てが空回りし始めます。

 

 

事態が悪化するのです。

 

自分の人生に責任を持つということは

子供の人生を自分(母親)が背負うという事ではなく

一緒に手を繋いで歩くこと。

 

むしろ子供に教えてもらうんですよ。

 

子供の責任は子供に返してくださいね。

子供は自分で決めれますから。サポートだけしてあげてください。

 

まずはお母さんが自分の人生に責任と自信を持たなくては

見ているセカイが変わりません!!

 

子供も良くなりません!

 

まずはそこを頭に入れて進めて行きましょう!

 

 

 

幼少期の不満が、自分の子育てに影響する。

 

子供のことについても悩んでいたハルさん。

 

子育てをする前に、

言いたいことを言えない環境で育った、抑圧された記憶の過去、、。

 

その感覚から、大人になって自分が子育てをすることになっても

 

わざわざ親と反対の行動を取ろうとしたり(反面教師として)

 

自分がしてもらいたかったことをする親になろうと努力したりしていました。

 

 

でも、気づくと親から習ったことをそのまま実行している自分がいたり、、

 

(他にやり方を知らないため)

余計に腹立たしい思いをしたりするのです。

 

「自分がしてもらえなかったことを、やり直したい」。(解消したい)

 

今回はハルさんもそこを解消したかったようで、

インナーチャイルドについて、重きを置いていました。

 

じつは、その「過去の記憶の穴埋め」をするためだったり

「過去を解消するための子育て」を無意識にしているので

 

その「代替えの行為」では、当時の不満がいつまでも残るんです。

 

そして、現状もどんどん満たされなくなります。

 

そうすると子供の現実も悪化するのです。

 

 

自分がしてもらえなかったことを子供にする。

または、親とは正反対の手段で子育てをする。

 

結局は、癒されない思いをずっと抱え続けます。

 

 

「自分が違う方法で育てた子供が幸せになったら、親が間違っていたと知らしめる。」

 

「孫を可愛がる親を見ると余計に腹が立つ、、!」などの想いに駆られます。

 

 

自分が愛されていなかったと感じていた過去。

それなのに孫には惜しみない愛情を注ぐ両親、、、。

 

自分の幼少期が癒されていないと、自分が子供を育てる段階になっても

そういった苦しい思いが出てきてしまうことが多いようです。

 

 

しかも、「自分がしてもらいたかったこと」を子供にし続けるということは

 

「してもらえなかったという現実」を何度も何度も焼き直すことになるので、、。

 

 

その記憶が鮮烈に残り、解消されるどころか!!

 

自分で自分を苦しめることになり、結局さらにツライのです。

 

 

その辛さが「憎悪」「悲しみ」「憎しみ」「恨み」「怒り」に発展し、

いつまでも残り続けます。

 

だから幼少期からの記憶が全くアップデートされないのです!

 

その恨みの気持ちや満たされなかった思いがいつまでも残っているので

現在の自分の行動が、その思いによって作られて行きます。

 

だから子育てが難航するのです!!

 

正解なのか、憎しみなのか見返したいのか。

それがわからず、頑張り続けてしまうからです。

 

 

じつは私の提唱している

 

「子供に責任を返す」というのは

 

自分で責任を取ろうとするのではなく、本人を信じてサポートするという

 

おじいちゃんやおばあちゃんが孫に対してやっている、「客観視」のことです。

 

おじいちゃんやおばあちゃんが孫に優しくできるのは、「責任がないから」です。

 

だから愛だけを注ぎ、サポートだけをすることができる。

(もちろん、何かあれば叱ったり。)

 

ということは客観視(責任を持たない)方が優しくできるということなんですよ!

 

 

責任を持つと、大抵は厳しく育てようとしますからね、、。

 

しかも母親が子供の責任を全て奪ってしまうと

子供は「無責任」に育ちます。当然そうなりますよね。

だって責任の取り方を知らないからです。

 

だから本人に返すのです。

 

「親だからしっかり躾なくては!」と思いすぎると

子供からしてみれば「愛されてない」と感じたりするわけです。

 

もちろん、どちらが悪いとかではありません!!どちらも正解です。

 

子供はそれを選んで生まれてきていますから。

 

私はまだ子供を産んだことがないので

「子供側の立場」から見た母親に対する思いをお話していますが、、。

 

お母さんを楽にするために、実は子供は色んな行動をしているのですよ。

一見困らせているように見えるんですけどね(笑)

 

実は純度の高い子供の魂は、愛する母親のために自分の体を使って

お母さんを自由にしてあげようと行動しているんですよ。

 

だからまずは、お母さんが自分を楽にすることから始めてください!!

^_^

 

 

 

子供時代の解消されなかった思いを昇華させるには、、

 

そのツライと思う記憶や、それに対する自分の思いを受け止め

 

今の視点で客観視し、今の気持ちに書き換える必要があります。

 

 

もしくは、自分なりの幸せを別でしっかりと見つけて

過去を感じないように視点を変えていくか。

 

おおまかにはこの2つです。

 

「キズ」を「キズ」だと思っているうちは解消なんてされないからです、、。

 

AYA流のやり方としては、

まず「キズ」の内容をはっきりさせ

それからどんな手当をするか、現状把握すること!

 

そしてそれぞれのタイプに合った手当をする事なのです!!!

 

(これも好みですから、はっきりさせたくないという人は、別の方法をやってみてくださいね)

 

 

これまで結果の出なかったことも、学びの1つです。

 

人は自分の信じたいことだけを信じますから、、

 

自分の殻を破ることができないと、同じ現状からは抜け出せません。

 

同じ行動をしているので、同じような結果になります。

 

そこを変えたければ、これまでとは違う思考と行動を起こす必要があるのです!!

 

 

その幼少期を、紐解いていきます。

 

 

小学生の頃はほぼ毎日習い事をしていて自分の時間がなく、

遊びたくても遊べなかったそうです。

 

友達に誘われて流れで入った部活でも

親の方が熱心になってきてしまい辞めてしまった。

 

自分の気持ちを出せない生活。

親の言うことを聞く生活だったといいます。

 

ここがまずお悩みポイント!!

 

この頃から「自分の好きがわからない」という状態に。

 

実際に旦那さんと出会うまでに、なんと

 

好きな人も嫌いな人も居なかったそうです!!(すごい)

 

グループにも属さない。

どんな場所でも中立。

 

旦那さんともお友達の関係から、ゆっくり結婚に発展したとのこと。

 

なので恋愛感情や、思いの深さがこれでいいんだろうか?と

 

本当に好きなのかよくわからない、という疑問を持っていたそうです。

 

ほかの人に対しても、ものすごく好き!とか

超嫌い!とかを感じなかったそうです。

 

でもそれがハルさんにとっては、居心地の悪いことではなかったようですが、、。

 

とにかくその分、自分の気持ちを抑えることにも慣れてしまったようで

 

意見をズバッというよりもみんなの話を聞く、間に入り繋いでいくパイプ役というスタンスでした。

 

 

自分の「好き」とは、なんなのか?を学生時代からずっと探していたそうです。

 

「好き」を知るための「方法」や「手段」を探し続けていました。

 

セミナーや本、コーチングを勉強したり、、。

 

やっては見たものの、なぜか解決には至らない。

 

しかしそれは、、

 

心で「感じていない」状態なんです。

 

 

「好き」というのを理論や手段、

「頭で」理解しようとすることなのです。

 

これまで感情を爆発させることなく、

感情を閉じ込め、表には出さないで生きてきたハルさん。

 

それをなんとか解決しようとたくさん勉強して考えてきたのです。

 

 

感情を爆発させると、、お母さんを困らせてしまうと思っていたようです。

 

お母さんが悲しむと、自分も悲しくなる、、。

 

=自分さえ我慢すれば、誰も悲しまない。

 

自分を抑えて人を優先している= 他人軸。

 

 

人のために我慢してしまうことが、ここで形成されたようですね。

 

でも、その感覚がとても嫌だったというよりは、何か自然だった感じを受けたので

 

?と、私も少し不思議な感覚になりました。

 

そこで、当時のことをもう少し紐解いてみることに!

 

 

当時のハルさんの本当の望みとは?

 

 

こうして「幼少期にして欲しかったこと」を全部出してもらいました!

 

じっくり話をしたい、聞いてほしい、信用して欲しかった。

姉妹がいても、自分のことを大好きと言って欲しかった。

 

「内面(中身)で可愛いと言われたかった」

 

ということが出た時、、、

 

ん?っと思い 「外見は?」と聞いてみたところ、、

 

ハルさんは元々ボーイッシュなファッションが好きだったようで

 

そして、周りからボーイッシュに見られることも、嫌ではなかったようなのです。

 

なので外見で可愛いというよりも

 

「中身の自分を見て、可愛いと思って欲しかった」そうです。

 

中身はメルヘンな乙女気質があり、外見はボーイッシュにしたい。

好きとか嫌いがわからない。

 

でもそのこと自体を、自分でもギャップに感じていたそうで、、

 

自分でも何かわからないそのギャップを、ご両親に受け止めて欲しかったそうです。

 

「大丈夫って言って欲しかった」と、ずっと思っていたとのこと。

 

 

でも、その自分自身の表現の仕方や、好きなものがわからないという自分を

 

まず自分で受け止めることができていなかったのです。

 

ここでビックリな事実が発覚!!

中身50%乙女 外見50%ボーイッシュ

性の境目、ボーダーラインのない自分、、、。

 

「ん???もしかして半々の自分が、同時に存在しているのでは?!」

 

と、ここでピンときました!

 

「中性なのかもしれないね!」

 

と話すと、

 

「あ〜!!そうかもしれない!そっかあ、だからなんだ!!」

 

と、本人もビックリなことが判明してしまいました!

( ゚д゚)

 

「中性」という言葉がしっくりきたというハルさん。

 

中性、中間、どっちにでもいける自分。

それだと全てのことに説明がついたのです!!

 

本人もそれが腑に落ちたようでした。

 

本人のセクシャリティのあり方。

 

中間の中性すぎて、「LGBT」のどれかに当てはまるというより

その要素が半分ずつあるような感じだったのです!!

 

「LGBT」「トランスジェンダー」「性同一性障害」「ジェンダーレス」。

 

など、そう言った言葉は全くハルさんの中に知識がなく

 

私と話して初めて知ったのだそうです。

 

LGBT.    (レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)

セクシャルマイノリティ。=性的少数者

性的マイノリティ、ジェンダー、トランスジェンダー(性同一性障害の当事者含む)

 

ここで少し詳しく見て見ましょう。

 

無数に存在するセクシャリティの定義。

 

まずはジェンダーというのが、社会的に見た性別のことであり

本人の意思とは関係なく認識されてしまう性別のこと。

 

ここから自分の独自の認識や自分の体と心の一致性に、違和感が発生すると

もっと深いジャンルで性が分けられることになるのです。

 

・ジェンダーとは、社会的性、文化的に形成された性別、または生物学的な性。

 

・トランスジェンダーとは、出生児の性別と異なる性別で生きようとする人。

 

・ジェンダーレスとは、「男女の性差をなくしていこう」という考え方。

 

 

 

 

生まれた時の性別と、自分のことをどちらの性で「認識」しているかということが大きな1つと

 

 

恋愛対象が「男」なのか「女」なのかまたは「心」なのかというのが1つ。

 

(または別のセクシャリティか)

 

カテゴライズされる内容も細分化しています。

 

 

 

恋愛感情と、性的欲求の不一致。

 

これも起こりうる事なのですね。

 

 

現在は「LGBT」に➕Q

(クィア・クエスチョニング)がつけられ

より幅広い考え方ができています。

 

 

 

 

 

 

ハルさんのように「人として好き」という場合。

 

男女ともに、人間として付き合うと言ったタイプなので

実は男女関係なく好きになれることができたはずでした。

 

しかし、「恋愛対象」というはっきりしたボーダーラインもハルさんの中には存在していなかったため

 

どちらが好きというのもおそらく半々だったのでしょう。

(それを自分で理解はしていない状態。)

 

しかし、性的欲求がほとんどなかったため、、

恋愛がしたいのか、彼女や彼氏がほしいのかという境目も全く分からなかったそう。

 

もしかしたら先程出てきた、

8番目の「アセクシュアル」という

恋愛感情も性的感情もわかない性質、だったのかもしれませんね。

 

単純に「素敵だなあ」という感情だけが、男女ともに思うことはあったそうです。

 

おそらく「Q」のタイプだったのかもしれませんね。

 

決められないし、わからない。

 

そしてそれを知らなかったのですね。

 

「性的欲求」という目線で相手を見ていない状態なので

 

「付き合いたい」とか「もっと近づきたい、触れたい」と思わないのも特徴的でした。

 

あえて言ってみるとすれば、仲良くなりたいな、という感じ。

 

なので旦那さんと結婚したい!とか子供が絶対欲しい!という感覚はおそらく薄かったはず、、。

 

「人として好き」という感覚だけが存在していたので

 

通常「男と女が結ばれて当然」という常識(ルール)を持っている人たちの前では

 

「自分がおかしいのかな」という感覚しかなかったのでしょう。

 

しかもこの無数にあるセクシャリティを知ることもなかったので!!

 

自分からは説明することができなかったのですね、、。

 

 

でも、ここである程度予測がついたところで、

ハルさんもこれまで自分でわからなかった部分に光が見えてきたようでした!

(╹◡╹)✨

 

 

 

いやー、たくさんありますね!!

∑(゚Д゚)

 

でも、こうして、はっきり提示してもらえたら、当てはまるものを選びやすいですよね!(*´∇`*)

 

一昔前の偏見とは、また違う

受け入れ体制の整った世の中になっているのではないでしょうか^_^

 

しかしながら、こんなにたくさんの定義やカテゴリーがあれば、、

知らないのは当然かも知れませんね、、。

( ̄▽ ̄;)

 

むしろ知ってる人の方が少ないですよね!!(゚ω゚)

 

 

私も調べて見て

「昔より複雑になって、より細分化されたんだな」という印象を受けました。

 

 

その感覚を自分では導き出すことができず、、

 

ハルさんは、ずっと誰かに理解してほしいと願っていました。

 

それは本当に切実だったと思います!

( ̄O ̄;)💦

 

一人で考えたらすごく難しいですよね!!

ヒントがないんですから。

 

「大丈夫と言ってほしい」というのは母親や他者に思っていたことなので

 

自分自身ではそれを受け止めたり理解していない状態でしたから。

 

子供時代のハルさんからしてみれば、もちろん大人に教えて欲しかったんだと思います。

 

思うように自分を表現できない状態でもあり

周りに実例がいなかったり、その世界に関する情報が全くなかったようです。

 

それでは特定の考えをもって安心することが出来ないですよね💦

 

単に「自分は何かが変なのだ」と思っていたそうです。(^◇^;)

 

 

そうして自分のセクシャリティがずっと謎のまま!!

 

30年以上が経っていたのです!!

 

 

自分の中身を見てほしいと思っていたハルさんは

 

「男や女としてではなく、1人の人として見てほしい。」という感覚でした。

 

人に対しても、中身を見るタイプだったので

「人として」付き合っていたと言うハルさん。

 

好きとか嫌い、男とか女というはっきりした見方ではなく、

 

あくまでそこも中間。

 

そこが心地いい、と言っていました。

 

それを紐解いていった結果、、

 

ということは??

 

性格や性質的にも!

常に中間を好んでいるのだということに気づいたのです!!

 

 

自分の「好き」や「パワー」「思い」

「感情」なども

常に半分だということ。

 

そして両極が同時に存在する状態!

 

そこに気づくことができました!

 

 

例えば、人が全力を出すとしたら、多分

100%のことをさしますよね。

 

ハルさんの場合、

それがマックスで50%なのです!

 

(人と比較したとしたら)半分だけ。

50がマックス。

(ハルさんの中ではそれが100)

 

真ん中が心地いいし、そうなってしまう。

これが性質。

 

 

だから人と同じようにしようとしてもできないのです。

 

マックスの%がそもそも違うし、好んでいるところ、性格も中間なので。

 

そこに気づかないまま、人に合わせているといつまでも苦しいのです!!!

 

例えば、旦那さんが100やっているとしたら、

ハルさんは50でマックスなので

 

自分が足りていない感じがしてしまったり

理不尽だと思うことがあっても、旦那さんのいうことも一理あると感じてしまったりします。

 

でも、自分の性質を理解すれば、余計な自己否定をしなくてすむのです!

 

 

ここでやっと自分の性質が腑に落ちたハルさんは、

やっと本来の自分の性質を受け入れることができたのです!!(*´∇`*)

 

 

全てを半分ずつ受け取りながら、その集合で100にしているというタイプ。

 

1つのことに100注ぐタイプもいれば、ハルさんのようなタイプもいます。

 

「どっちも素晴らしい」のですよ。^^

 

 

自分の性質に名前がつくことで、やっと自己認識ができる。

 

カテゴリーと名前がわかってしまえば

たくさんの事例を見ることができるし、体験した人に話を聞いたり

仲間を探すことや理解者を見つけることもできますしね!!

 

(*´◒`*)ヤッター🙌

 

これまで人に「理解してもらいたい」という思いはあったものの

 

ハルさん自身が自覚がなかったので、、(^◇^;)

 

それを表現できていないのに、理解を欲しがっている状態でした。

 

とても苦しいですね。そしてたくさんの努力をしたんだろうと思います。

 

でも、自分でも説明できないことを、

人に理解してもらうことは現実として難しい、、。

 

なので意思疎通や表現の仕方というところでは、とても難航したそうです。

 

 

しかもできない自分を埋めようとするための気配りがすごく、、

たくさんのことを頑張っていたそう。

 

精神的にも肉体的にも疲労困憊。

それは体も痛くなって当然です💦

 

行動したとしても、気持ちや満足感がが伴わないことがずっと続いていました。

 

 

自分の性質が中間(50%)なのに100%を完璧にやろうとする自分。

 

できない自分に失望し、自分にムチを打ってやろうとする。

それでもできないのでそのできるための

「方法」「手段」を探すことになってしまったのですね!!

 

手段を探そうとしてしまったので、、

「感じる心」が閉じ込められてしまったのです。

 

これが「心にフタをしている状態」そのもの、、。

 

たくさん勉強しても、答えが見つからないのは、このせいなのですよ。

 

私も感じる心を取り戻すのに苦労したのでわかります!!

 

感じる心をなくしてしまうと、頭で考えてばかりなので体感が伴わないんです。

 

つまり肌で感じ取ることができない。

 

答えが見つからないんですよ、満足できないというか、腑に落ちないのです。

 

セミナーや自己啓発本、ヒーリングで納得できないのはここ!!

 

 

・感じていない心ということも、それを元に戻す方法も教えてもらっていない。

 

・自分の性質、タイプを詳しく教えてもらえない。

 

(または気づかせてもらえない。しかも答えを出すのは自分なので)

 

方法論とか誰かの成功例だけ聞いても、

自分に当てはまらなかったら違和感しかないですよね。

 

だけど、成功者の言ってることならマネしたらいいんだろうな、、という

頭で考えた行動しかできないんです。

 

モヤモヤで終了です。

チーン。(O_O)

 

 

もしくはセミナー後、3日〜1週間はテンションやモチベーション

やる気も高いけど、またそのうち元に戻るとかね。

 

感じていないから、頭だけで処理したモチベーションですから当然です。

 

 

セミナー、自己啓発、または宗教では、その感じていない心に

1つの方法と手段、そして生きがいをしっかり与えてくれますからね。

 

だからなんとなく、やっちゃうんですよ。

 

自分に合ってるかどうかも、感覚で分からないから。

 

でも、それって本当に自分が望んだものとは違ったりするんですよね、、、。

 

(別にセミナーや宗教が悪いとは言わないんですが)

 

単純に方法論とか、モチベーションの上げ方とか、

「正しい方法」(誰にとっての?)なんかを学んでも

 

自分自身の核心には全く迫るはずもないのです!

 

だって、感じてませんからね。

(感じてるような気はしますけどね)

 

 

心が麻痺した状態で動くのは

「頭の思考」だけ。

 

直感(心の声)は動きません。

まずは感じる心を取り戻さなくては!!

 

 

だから本当にしたいことは出来ていない。

 

習ったことをただやってるだけ。

 

本当に正しいかはわからない。

 

みんな大きくて同じものを信じてるから、細かく自分を知ることができない。

 

どうしたら自分を知れるのかもわからない。

 

という状態になります。

 

だから外に答えを探しに言ってしまうのですよ。

 

自分を紐解くことなく、外や人に答えを求めている状態。

 

 

私もそれが「他人軸」という生き方なのだということを知るのが随分遅かったのです。

 

 

ですから今は、はっきりとわかりますよ!!

 

外に答えはありません。

 

月並みですが答えは全て自分の中にあるのです!!!

 

 

この自分軸コンサルで謎が解けるのは、

まさに「自分で答えを出すから」です!!!!

 

納得以外の何物でもない。

 

ナビゲーターの私が決めたり、答えを出すのではありません。紐解いているだけ。

 

 

他人軸ポイントを省いていって、本当に自分の望みと向きあったら

 

 

自ずと答えは出てくるのです!!自分の中から!!

 

でも、自分の殻を破れていない人は、自分に問いかけることができません。

 

自分で閉じ込めていますからね、、。

 

ですからサポートが必要なのです!!

 

自分でできないと思ってる方は勇気を出して1歩踏み出しましょう!!

 

しっかり一緒に謎解きしていきますよ!!

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

「悩みがないのが悩み」というのを地で行っていたハルさん。

 

 

中立、中間、好き嫌い無しを貫いてきたため、

「悩み」という深いものはなかったそう。

(ただモヤモヤはしているが、そのモヤモヤの理由や解決策はわからない状態)

 

 

なのでこの場でしっかりと「今、不満に感じていること」を書き出しました!

 

 

感じない心を養ってきていたため、、

実はかなりひどい状態にならないと

何かを変えようとか、そこから脱したいと思わなかったようです。

( ̄O ̄;)

 

これぞドMゲームの始まりですよ、、。

 

現状に不満はあるものの、改善しようというより溜め込んで行った感じですね。

 

 

しかも、その我慢していた理由が、、、

 

思い込みによるものがほとんどでした。(-_-;)

 

 

そして結婚生活に対しての疑問や、旦那さんとの関係の悪化も。

 

半分しか出来ていないと自分を責めて頑張り続け、子供と旦那さんのためにやりすぎてしまったからです。

 

そして自分を認めていないことによる「完璧主義」からくるものでした。

 

「自分ができていなくてはいけない」という思い込み、、。

 

「これくらいは母親ができていないと、、」

 

その理由も

実母もやってきている、周りのママ友もできているから、、。

 

「できていないと思われたくない」

(他の人が頑張ってるのに、、。)

 

「私がやらないとやる人がいない」

「反論できない自分が嫌だった」

「頑張っていない自分を見せて、楽そう、何もしてない、自由にしてるね!と妬まれたら嫌だなあ」

 

という言葉がでてきました。

 

 

やりたくないのに周りに合わせている。

自分のためにすることが罪悪感、、、。

 

 

人のために自分が美しくなることすら、抑えていたそうです。

かなり他人を意識した生活だったようですね。

(T . T)

 

しかし、この考えって多分、大多数の人が思ってることだと思うんですよ。

 

人を意識しないで生きてるのなんて無理!って人いませんか?

 

人を気にして、人にどう思われるかを想定して行動する生活、、、。

 

だから自分を攻め続け、できないこともムチを打って頑張ってきたのですよね。

 

でもね、、

 

できない自分を責めても、本当は現状が変わらないのに

 

ずっとその状態を続けてしまうのはなぜだと思いますか??

 

 

それはね

 

自分を責めていることで、「自分はなんとかしようとしている、今考えている」

 

と思えるんですよ。

 

 

どうにかしようとはしているけど、まだできないだけだ、と。

 

自己否定することで、現状に言い訳ができるのです。

 

私もずっとそうでした。

 

でも、これだと「取り組んでいる感じ」はするんですよ。( ̄▽ ̄;)

 

「何も考えていないわけじゃない」ってね。

 

そう思ったことないですか?

 

でも、、、それでは何も変わらないのです!!  _:(´ཀ`」 ∠):

 

むしろ自己否定を続けることで自分がどんどん苦しくなるだけ。

 

こうしてさらに「感じない心」が出来上がってしまうのです、、、。

 

 

「感じない心」で生きると、どうなるのか?

 

感じない心というのは、「自分で考えたことが正解かどうかわからない状態」という事。

 

だから常に不安に陥ってしまい、人の意見に左右されてしまうのです。

 

結果として他人軸で生きてしまうのです。

 

感じない心=自分の人生を選べないから自分らしく生きられない。

 

のです。

 

旦那さんや家の関係を表現してもらうと、、

 

「同じ家にいるけど個人個人で暮らしている感じ」ということでした。

 

一体感がないんでしょうね、それぞれがバラバラに動いている。

 

そのため、心の余裕がさらになくなっていたのです。

 

やっても報われない。

 

状況がひどくなる。

 

でも、何が正解かわからない。 

まさにこの状態。

 

でも、母親として自分がやらなければ、、、と思い続け

 

我慢を重ね、自分にムチを打ち続けてきたハルさん。(T ^ T)

 

 

何にために家庭を作ったのか?というところも、紐解いてみると、、

 

「一緒に家庭を作り上げたいし、支え合っていろいろなことを共感したい」

 

のがハルさんの望み。

 

しかし現実には共感どころかみんながバラバラに過ごしている、、。

 

旦那さんは自由にやりたいことだけをやって好きに生きている。

ハルさんは一緒に子育てもしたいのに。

でもそれが全然できない。

 

旦那さんの望み。自分の望み。

全く重なっていないんです。

 

しかしハルさんは

「不満はあったとしても半分は自分が望んだことだから、、、」

 

という解釈でした。

 

またここで我慢していたのです。

 

しかし、その選択がそれでよかったのかすらも、、自分でわからなかったのですね。

 

 

 

結婚したい、子供が欲しい、家庭を作りたいというのも

そもそも半分しか気持ちがなかったようです。

(でもそれをダメなことだと自分責めをしていた)

 

 

むしろ当時は旦那さんに押されたような感覚だったと言います。

(今ならわかるんですが、多分そういうタイプの人でないと、ハルさんは動けなかったでしょうね。)

 

自分がはっきりできないことに対して

罪悪感を感じながらも満たされない日々、、、。

 

そこを悩んでいましたが

 

しかし、、!!結論を言えば!!

 

ハルさんの性質は元が中間なので!

 

実はそれでいいんですよ。

 

はっきり出来なくていいんです!

 

全部半々!!それが正解!

 

 

どんな私でも、それが私ですから。

 

逆にいうとハルさんの場合、半々が基本なので

 

「絶対これがしたい!」(100)とかいう方がウソになってしまうということ。

 

「これもいいな〜、でもしなくてもいいかな」という

 

同時に真逆の答えが存在しているのが、

ハルさんのそもそもの性質なのです。

 

 

「どっちもあっていい!」

 

 

だから完璧を目指すのではなく、50%を満たせば良いのです!!

 

好きか嫌いかを決められない半分の性質なので、

むしろハルさんの場合は、どっちもないとダメなのです。

 

その性質を知った上で生活をすれば

我慢しているところのほとんどは、やらなくて済むのです!!^_^

 

こうしてほしい、ああなりたいと期待をして自分だけ我慢するよりも

 

自分の性質を理解して、

自分が出来るところにエネルギーをつかい、自分の好きなことを選択すればいいのです。

 

 

心地いところというのは人それぞれ違うのですから。

 

それを理解して自分に落とし込めば、その自分で心地いい場所を探すこともできるし

変に自分責めをする必要もないのです!

 

そうすると同じ状況であったとしても

ずっと楽に生きられますよ!!!

(^з^)-☆

 

 

これはセクシャリティにも言えること。

 

 

どういう風に人と付き合うのが好きか、という距離感もまた人それぞれ。

見て欲しいところも、在り方もみんな違います。

 

して欲しいことも、してあげたいことも全部違うのです!!

 

 

グレーでいいんですよ!!!!

 

どっちかに決めないといけないルールなんて本当はないんです。

 

自分で決めないといけないと思ってるだけ。思い込み。

 

人の目を気ににした決め方だから、自分の答えじゃないんですよ。

 

グレーでいいんです。

 

ハルさんはグレーなのが当然というくらい。中間なんですから。(笑)

 

 

むしろジェンダーレスは、それこそがゼロ次元だと私は思います!

 

どっちの性別でもいい。

 

人として相手を愛すればいい。

 

自分の性の在り方も、どっちでもいいんですよ。

 

しっくり来る方を選べばいい。

 

 

今の世の中は「LGBT」という言葉が出始めてから

世界でも認知度が高まっていますしね!!

 

さらにボーダーレスなセカイになったと思います!(^_^)v

 

 

私自身も美容界で、ゲイ、バイ、レズビアン、オカマ、ミスターレディ

ミスダンディ、心と体が一致して居ない人、性転換手術をした友人など、、

たくさんのセカイのジャンルの人と出会っていますし!!^_^

 

 

割と早い段階でそういう

セクシャルマイノリティの知識があったので

 

全く!!偏見はありませんね。

(^_^)v

 

 

ジャッジをしないのが、ゼロ次元ですから。

 

 

本当の自分に気づくことができて、スッキリしてきたハルさんでした〜!!

 

(*´∇`*)♫

 

自分をゼロにしていたら、相手もゼロにできる。

 

自分を受け止めて、ありのままでいい!と思えて

自分の性質はこれなんだ、とわかったら

 

特に相手に求めることなんてなくなります。

 

「どう見られるんだろう」なんて思いません。

 

じぶんらしく生きるだけ。

 

それで人が何か思うんだったら言わせとけばいいし

 

そういう風に思っている考えの人なんだね、以上。( ̄^ ̄)ゞ

 

それだけ。

 

自分はもっともっとできるはずとムチを打って過剰な我慢をしないで

 

楽な自分を許してあげたら、人のゆるさも許してあげられるんです。

 

人に期待することなんてないんですよ。(笑)

 

 

自分を受け入れるだけ。気づいて自覚するだけ!!

カンタンでしょ?^_^

 

 

自分のタイプはコレ!!⬇︎と気づくだけ。

 

これがハルさんのバランスでした。

素敵❤️

 

「メリットとデメリットのバランスが同じ」

 

まさにゼロ次元!!そのものの生き方ですよね!!

 

素敵〜♡(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

それなら、「その性質を生かして生きたほうがよくないですか?」

 

そう私が言うと

 

「なんだか肩が軽くなってきました!!」とハルさん。

 

ようやくここで心の大荷物を下ろせたようです♡(*´ω`*)

 

(実際に精神と肉体は繋がってますから、当然カラダも楽になりますよ)

 

 

さあ!!先ほど不満だと書き出したところを

自分軸の観点でおさらいして見ましょう!!

 

1つ1つ、先程かいた不満を今見てみると

どう思えるかを書き直してもらいました。

 

そうすると、自分なりの自己責任での答えが出てくるんですよ!

 

あれ?これもやらなくていいや!と楽に考えられるようになりました!!

 

o(^_^)o

 

人の力を快く借りることも、自分の性質を知っていればこそ。

 

「他人の力を借りて自分を生きる」

これはハルさんらしい素晴らしいテーマですね!d(^_^o)

 

なにせ性質が半分なんで!!その分他の人に頑張ってもらわないと

 

100になりませんから!!♪(´ε` )

 

自分だけで100頑張ることは、そもそもハルさんに向いていないんですよ。

 

人の力を借りて、みんなで楽しく進む方がハルさんらしいと思いますよ(*´∇`*)

 

 

 

不満というのは相手に求めているから不満になる。

 

でも、自分がどうしたいか?が決まれば

人にどうして欲しい、は無くなるんです。

(^_−)−☆

 

どっちでもいいんですよ。

性質によって向き不向きがあるだけ。

 

自分がやりたいと思ったことを、やりたいようにするためには

 

どうしたらいいか考えるだけ!!

 

楽な方、楽しい方を選ぶだけ❤️

たくさん書き出して、腑に落ちたハルさん♡

 

抜けました〜!!!

 

自分の壁から!!♪( ´θ`)ノ

 

思わずガッツポーズ!!!!

 

おめでとう〜!!!!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

やりましたね!

 

過去の自分から解放され、自分の性質を見抜けたところで

 

どんどん楽に子育てもできそうですね♫

過去の自分の思いも解消したので

お子さんと一緒になって自由に楽しめるはずですよ!!

 

 

そうそう、子育てに関しても!!

 

自分が出来ることだけをする。

 

子供の意思を信じて任せてみる。

 

大人として手伝えることだけサポートする。

 

など責任を子供に返していき、今の自分に集中してみると、、

 

できそうなことが増えてラクになってきましたよ!!^_^❤️

 

自分を知れば自分なりのやり方が見つかる。

 

そして子育てにも「客観視」を使えば、責任を背負いすぎて疲れることなく

 

自分らしい考えの子育てができるはずです♡

 

 

旦那さんとの関係も今後、改善していくでしょう♡

 

 

じつはすでに出来ていたんだ!と気づくだけ。

50パーセント分はもうできていましたからね(*´ω`*)

仕事も家庭も!!

 

元々ハルさんは、コレやりたい!とかを思う気持ちが、そもそも50パーセントなんで

後で飽きるんですよ(笑)

 

だからたくさん趣味とかやりたいことがあった方がいいんです。

 

子供のように無邪気に好奇心旺盛で行くのが性に合ってるんですね(*´ω`*)

 

正解を探しているわけではない。

 

やりたいことを探しているだけ。

 

 

なんか名言でましたよ!(笑)(^O^)

 

正解って、自分にとっての正解でいいんですよ、他の人が正解じゃないと思っても

 

自分が一番好きな答えでいいんです!

 

(*´ω`*)❤️ふふ

 

本日の気づき

 

今の自分のままででいい!!!

 

これに尽きます!

自分軸が立ち上がりましたね!!

 

もう他人への謎のパフォーマンスはいらないのです!!ψ(`∇´)ψ

 

やめよー!ドMゲーム!!(笑)

 

コンサル後のアンケートでは、、、

 

コンサル後の感想

 

「今まで自分でもわからなかったことが初めて知れてよかった。

私は私でいいんだ!ということを本やネットで見て、そのフレーズは知ってはいたけど

自分のことを深く探っていく中で、自分に落とし込めてスッキリ★」

 

以前、受けたことのあるというインナーチャイルドの癒しのセラピーでは、

最後スッキリせずにモヤモヤしていた部分があったそうで、、。

今回そこがはっきりした!

腑に落ちてスッキリ!と仰っていました。

良かったです!^_^

きっとそれもその時に必要な、いい経験でしたね。

コンサルがオススメな方は?

 

「モヤモヤが中々とれない人、自分という自分を見失っている人に。」

 

自分のことなのに自分を知らないって、本当にあるんですよ。

もっと自分を知れば活かし方がわかりますね!!^_^

 

マスターAYAからのメッセージ

 

この気づきを活かして、普段の生活や、また子育てに役立てて見てください!!

 

自分らしく生きることの大切さ、未知の世界を開くこと。

 

自分を知ることで様々な世界が広がりますよ〜!

╰(*´︶`*)╯♡

もっと自由にグレーを楽しみましょう♫

 

これからのハルさんを楽しみにしていますね!!

 

 

自分軸を取り戻したい方

自分らしく生きて見たい方

まずは自分の本質を知り、自覚することです。

 

自分らしくいられなくなった原因を取り除き

制限を外してみませんか?

自由に生きられますよ❤️

 

人生のイメチェンも、私がお手伝いいたします!!

 

ぜひご相談くださいね^_^

お待ちしています♡

 

 

後日談

 

ハルさんに写真掲載のお話や内容公開のメールをしていたところ、、

 

 

とのことで、伸ばしていた髪をバッサリ切ったそうです!!(*゚▽゚)ノ

 

写真を送ってくれたんですが、またこれがめちゃくちゃ似合うんですよ!!

╰(*´︶`*)╯♡

 

中性の自分に合わせてジェンダーレスファッションをしちゃうんでしょうか♡

楽しみ!(*´∀`)♪

 

髪を切って自分らしく戻れたハルさん。

 

 

おおお♫自分を受け入れ始めてすっかり楽になったようです!!

私がその後LGBTについて、ハルさんに感じたことをメールしました。

 

 

 

 

と、こんな感じでその後の変化と、

自分を受け入れていくためのヒントをお話したりして、

自己分析ができたようで本当によかったです!!(*´◒`*)

 

客観視しないとわからない部分というのは、本当にたくさんあって。

 

このセクシャリティのように

なんとなくの違和感はわかるけど、なんなのかわからない。

という状態の方ってすごく多いと思うんですね。

 

きっとまだまだ私にも未知な存在や、定義、在り方があるんだと思います!

 

答えを決めるのは本人なので、私は分析とヒントしかできませんが

少なくとも自分で悩んでいるだけの時よりはずっと楽だと思います。(*´-`)

 

わからなくて不安で悩むよりも、一度自分を知ってしまえば

「なんだ、そっかあ」と思えることかもしれません!

 

ハルさんが本当の自分に近づけたこと、その1歩を踏み出せたことを

私も心から嬉しく思います❤️

 

たくさんのタイプがあると思うので、世の中の言葉やジャンルが

一概には当てはまらないかもしれませんが、ヒントさえ見つかれば

その後、自分で「これだ!」というものが見つかりますよ!!

 

自分を知るって、世界一楽しいことだと私は思います♡

 

╰(*´︶`*)╯♡

 

ハルさん、本当にデリケートな内容まで掲載させていただき

ありがとうございます!!^^

 

このハルさんの事例のおかげで、勇気をもらえた方もきっといると思います!!

 

今はこんなにセクシャリティや定義、考え方や在り方がたくさんあるので

なんだか何でもありな気がしますね!!

そして世界が広がります💖

 

でも、中には人には話せずに、悩んでいる方もいると思います。

 

しかし、本当の自分を受け入れてとことん自分を愛していけば!!

周りからの愛も理解も必ず返ってきますよ!

 

自分を信じることとは、どんな自分も受け入れるからそれができるのです💖

 

このブログを見て、似たようなお悩みの方が少しでも心が軽くなれたら嬉しいです!!

 

ハルさんに感謝です。ありがとうございます!!!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

 

あとがき

 

毎回いろんなお話が飛び出してくる

 

自分軸コンサル!!

 

本当に楽しいですし、本当の自分に気づけた瞬間のお客様の

お顔を見せていただくのを、本当に嬉しく思います♡(*≧∀≦*)

 

最近はすっかりコンサルを受講してくださる方が増えて💖

 

このブログ掲載も許可してくださる方も増えてきまして!!

ありがとうございます!!(*´∇`*)

 

本当にありがたい限りです!!

 

が、、逆に、、!!💦

 

ロングブログを書いてしまう私の、致命的な部分である

1記事のブログを書くペースがあまりにも長いこと、、!

アップするまでの時間がかかり過ぎてしまい、、(~_~;)ムムム

 

 

せっかく掲載を承諾してくださったのに、

たくさんの方の事例を全て掲載するのには、かなり時間が経ってしまって、、

(T ^ T)

 

最新の情報を載せられないのは、如何なものかと思ってまいりました、、、。

 

自分でやってるんですが(^◇^;)

本当にそこはすみません💦

 

しかし、言葉が溢れてきてしまう私の性質(笑)

 

たくさん書きたい!というか自然に長くなっちゃう〜!!!(;_;)

 

これからの流れや、できるだけ最新の情報を載せられるようにしたいし

でも事例が増えすぎて全部書けなくなったらこまるなあと思いつつも、、^^;

 

もし、その時は載せ方を少し自分でも対策を考えて、また皆様にもお話しながら

やり方、書き方もまた考慮してみようと思います^_^

 

(一周回って元に戻るかもですが、、(笑)😅)

 

掲載ご協力してくださった皆様が、振り返られる内容であることや、

たくさんお方の参考になるようにと、自分なりにまとめてみようと思います!

 

今後また変化もあるかも知れませんが(笑)まずは自由に書いてみますね。

(というか、やりたいことしかできない性質なもので)

よろしくおつきあい下さいませ♡

 

 

そして!!!

 

なんとなんと!!

 

今考えていることがありまして、、!!!

 

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔふふふふ

 

それは、、、!!!

 

 

少人数で行う予定の!!

 

「自分軸シェア会!!

 

ビューティライフ美女塾」♡

 

です!!!

 

キャー❤️(๑˃̵ᴗ˂̵)  ⬇︎こんな感じです。

 

 

以前から色々とお客様やコンサル受講者の方から、

このシェア会のご要望があったのですが、、

 

新生ラデュールの体制を整えるのに、これまで時間をかけてしまっていたので(^◇^;)

 

今後は少しでも多くの方に!! 

 

こういったミニセミナーというか

 

シェア会、美女塾で「自分軸論」を取り入れる機会を増やしてもらい

 

自由で美しい「自分軸美女」をサポートしていきたいのです♡

 

 

毎回いろんなテーマでお話しをして!!

 

お客様の疑問などにもどんどんその場で

お答えしていこうかと思っています♡

 

 

こちらは⬆︎以前、メイクのグループレッスンをしていた時のものですが

こんな感じでお話しできたらな、と思っています♡

 

 

・自分軸ってどんなもの?

 

・自分らしく生きるってどうすればいいの?

 

・ありのままを出すにはどんなことをしたらいい?

 

・彼氏やパートナーを見つけるにはまず何をすればいいの?

 

・仕事ばかりの人生のプライベートを充実させるにはどうしたらいい?

 

・人目を気にしてしまうクセをどうやってやめたらいい?

 

・自分の直感や感じる心を取り戻すにはどうしたらいい?

 

などなど。

 

他人軸で生きてきた人生をやめて、自由に自分らしく美しく生きたいと思う方を

サポートする美女塾を考え中であります!!!♪( ´θ`)ノ

 

 

この美女塾は、少人数制と考えています。

マンツーマンではない分、1人1人のお話をじっくり聞くということではなく

私が皆さんの疑問や、知りたいことに

まとめてお答えしていく形なので

ちょっと授業ぽくなるかもですが(笑)

 

その内容をみんなでシェアしたり

意見を出し合って解決策の参考にしていただけたらなと思います!

 

 

似たようなお悩みを持つ方と一緒に気持ちや解決法をシェアすることで

 

他にも悩んでいる方がいるんだと、ホッとできたり、一緒に頷いたり

 

また、疑問点を直接AYAに聞くことができます!!

 

 

自由な考えの人が増えて、ラクになれたらみんなで楽しい会になるかと思います♡

(*´∀`*)❤️

 

 

お友達同士のグループ塾なども楽しいかなあ〜と思っています!!

 

人数を決めて、お友達グループで一緒に参加してもらうと

気心が知れた仲間で心強かったり、

話しやすい方もいるかなあ〜なんて考えております♡

 

 

マンツーマンのコンサルを受ける前に、どんな内容か聞いてみたい方や

 

AYAと直接会ってから雰囲気を感じたいという方の、自分軸入門編としても!

 

良いかなあと考えています♡

 

人数は6人〜最大10名まではセミナールームに入る予定ですので♫

 

今その準備をして、片付けをしているところです!^^

 

 

話してもらいたいテーマ、こんなことが聞きたい!

こんなことをしてほしい!という要望があればぜひ教えて下さいね♡

 

 

日程や時間、そして人数と料金は、また詳しく決まったら発表いたします!

ワクワクを詰め込んだ内容をと思っていますので!(*´ω`*)

 

楽しみにお待ちくださいね♡

 

 

皆様のご意見、こんなお話しして欲しいですというコメントもぜひお待ちしています!

 

ライン@や、このブログへのコメントでもいいですし

フェイスブック、インスタなどのメッセージからでもOKです💖

 

例えば、、、

・パートナーシップがうまくいきハッピーになる方法

 

・恋愛が成就する方法

 

・理想の相手を見つけるリストの書き方講座

 

・合コンや出会いの場で可愛く喋れる女子になる方法

 

・仕事がうまくいく方法

 

・人間関係が良くなる秘訣

 

・お金のお話、お金との付き合い方

 

・心が自由になれる自分軸マインドのお話

 

・断捨離、過去との決別、手放してスッキリできる方法

 

・元彼、復縁、トラウマの解消

 

などなど!!  

もしこの中で選ぶなら!!

あなたはどんなことが聞きたいですか?

を募集いたします♡

 

(これ以外のテーマでももちろん大丈夫です!!)

 

ご要望の多いテーマをもとに、それを聞きたい同じお悩みの方を集めて!

 

みんなで美女マインドになってみるというのはどうでしょうか?^^

 

どんなことでもお気軽に♫

 

お待ちしておりますね♪( ´θ`)ノ

 

コメント、質問、お問い合わせはこちらから♫

友だち追加

 

 

トータルビューティライフデザイナーAYA

 

 

キラキラに人生を変えたい方は

⬇︎こちらからどうぞ♡

 

 

お待ちしていますね❤️

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です